石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農政:全国会議員に聞く「どうするのかコロナ感染爆発」

谷田川元 立憲民主党 衆議院議員【緊急特集・全国会議員に聞く どうするのかコロナ感染爆発】2022年1月27日

一覧へ

谷田川元 衆議院議員谷田川元 衆議院議員

○谷田川元
○立憲民主党
○衆議院議員
○選挙区:千葉10区
○出身地:千葉県香取市

【1】これまでの政府のコロナ対策についての評価
(1)これまでのワクチン接種の問題点と3回目接種など今後の課題
(2)医療体制の問題点と今後の課題、
(3)国民生活や経済活動の規制(「外出自粛」「営業自粛」「リモート作業」等)の補償
(4)検査体制の拡充についてなどについてのご意見

(1)遅い。供給確保が追いつかず、各自治体や職場接種での会場キャンセルなど、1,2回目接種時と同じトラブルが再発しないよう、確実な供給スケジュールを提示することが必要。
(2)無症状の濃厚接触者の待機期間や施設入所等、状況に合わせて迅速に見直すべき。
(3)飲食業に限っての自粛等は公平性に欠く。誰が聞いても納得する規制への変更が必要。
「補償を受けないほうがまし」と思わせる内容では、もはや補償とは言えない
(4)拡充が進まないばかりか、検査結果の信憑性を疑わざるを得ない業者まで出てきている。きちんとした一定のルールも必要。

【2】オミクロン株拡大による今後のコロナ対策で政府は何をすべきか。

オミクロン株は重症化しないと言われている。その科学的根拠を政府はしっかり示し、国民に納得の
いく説明をすべき。その上で濃厚接触者の待機期間の短縮や行動制限の緩和等を決定すべき。
また、尾身会長の発言と政府見解に基づいた知事の方針が食い違う等、国民に混乱をもたらしている。
そうならないよう、政府は国民に対して「ワンボイス」でわかりやすい説明をすべき。

【3】コロナ禍で見えてきた「日本社会の課題」と現政権に望むこと。

実直な国民性にも助けられ、日本はワクチンの7割の壁もあっさり突破。マスクの着用率も高く、国民の協力態勢は世界でもトップクラスと言える。政府がしっかりした対策さえ打ち出せれば、感染はもっと抑えられたはず。国民の健康と生活を両立させることを第一にした政策、これに尽きる。

【緊急特集】全国会議員に聞く「どうするのかコロナ感染爆発」

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2022

みどり戦略

注目のテーマ

注目のテーマ

全農人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る