人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
JA全中中央①PC
日本曹達 231012 SP

農政:全国会議員に聞く「どうするのかコロナ感染爆発」

牧山ひろえ 立憲民主党 参議院議員【緊急特集・全国会議員に聞く どうするのかコロナ感染爆発】2022年1月31日

一覧へ

牧山ひろえ 参議院議員牧山ひろえ 参議院議員

○牧山ひろえ
○立憲民主党
○参議院議員
○選挙区:神奈川県
○出身地:東京都

【1】これまでの政府のコロナ対策についての評価
(1)これまでのワクチン接種の問題点と3回目接種など今後の課題
(2)医療体制の問題点と今後の課題、
(3)国民生活や経済活動の規制(「外出自粛」「営業自粛」「リモート作業」等)の補償
(4)検査体制の拡充についてなどについてのご意見

これまでの政府のコロナ対策に対しては、具体論で申し上げれば問題点は非常に多く、政府の取り組みに関して国際的にも評価が高いとは決して言えません。本質的な問題点として、命に関わる感染症対策であるのに、感染の抑止や被害の拡大防止が優先的な判断基準として貫徹されず、オリンピックや中国国家主席来日に代表されるように、政治的な思惑や都合が入り込み、対策のタイミングを逸することになったり、科学的に根拠の乏しい判断がなされたりするケースが節々で見受けられたこと。またそれらを要因の一つとなり、政府の行うコロナ関係の政策に対し国民の信頼が失われたことをが、最も我が国のコロナ対策の実効性を阻害する要因であったと私は考えています。

【2】オミクロン株拡大による今後のコロナ対策で政府は何をすべきか。

新型コロナウイルスは変異が早く、しかもその幅が広いため、次々と出現する新たな変異株ごとに特徴や性質が大きく異なる傾向があります。デルタ株で有効であった施策がオミクロン株でも同じように有効であるとは全く限りません。その時点その時点で主流となっている、または主流となるであろう変異株の特質をいち早く掴み、その特質に合った対策を臨機応変に行うことこそ政治に求められる役割だと考えています。

【3】コロナ禍で見えてきた「日本社会の課題」と現政権に望むこと。
新型コロナウイルス感染症は、社会の様々な側面や作用に、多くのひずみや痛みをもたらしています。行政サービスにおけるデジタル化の遅れ、感染者に対する阻害や差別、危機に瀕する国民皆保険制度、拡大していく経済的格差、非正規就業率等に現れるジェンダーギャップ、想定外の事態に弱い社会的特質...。
これらはコロナがゼロから生み出したものではなく、私たちの社会が内包していた様々な弱点が、コロナという厳しい強風で顕在化したものと見るべきです。私たちはこの顕在化した社会の弱点に対して「喉元過ぎれば」には決してせずに、むしろこれを機に抜本的な取り組みを行うことによって、私たちの社会を次の段階へ進歩させるよう努めるべきです。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る