秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

農政:今こそ 食料自給「国消 国産」 いかそう 人と大地

【食と農への思い 校長先生100人に聞きました】茨城県 日立市立諏訪小学校2022年11月8日

一覧へ

【食と農への思いと農業者へのメッセージ】
日立市立諏訪小学校 荒蒔克一郎校長

<Q>学校では農業と地域の農産物の大切さをどう教えていますか? その特徴や狙いなどもお願いします。

(1)さつまいも、ジャガイモ、ツルレイシ、落花生の栽培・収穫・生活科、理科の学習の一環として、落花生については環境委員会の活動として栽培を実施。土に触れること、栽培の苦労を味わい農産物の大切さを実感し、ひいては食育の一助とする。
(2)学校給食での地場産農産物の紹介

<Q>これからの日本の農業についてご意見があればお聞かせください。

農業従事者の減少,一方で1戸あたりの営農面積は増加という状況の中で,農業のIT化に対応していくことが大切だと感じています。学校現場と同様に「働き方改革」を推進し,持続可能な農業について考え、理解することが求められると思います。

<Q>現場の農業者へのメッセージをお願いします。

昨今のコロナ禍にあって、これまで以上に農産物のありがたさを実感しています。自然を相手にするお仕事で御苦労も多いかと思いますが、生産者のみなさんの姿を想像しながら、感謝の気持ちをもって安全・安心な農産物をおいしくいただいていきたいと思います。

農業の大切さ どう伝える

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る