農薬 ニュース詳細

2013.05.16 
アグロ事業は前年並み 日本化薬一覧へ

 日本化薬は5月9日、平成25年3月期決算を発表した。同社の決算期は23年度までは5月だったが、24年8月の株主総会で3月決算への変更を決議した。そのため、今決算は24年6月1日から25年3月31日までの10カ月決算となる。

 同期の売上高は1281億円で前年の同一期間と比べると14億7300万円(1.2%)増だった。営業利益は171億円で同4億7400万円(2.9%)増、経常利益は205億円で同35億5000万円(21%)増、当期純利益は123億円で同27億9000万円(28.1%)増。1株当たりの当期純利益は68.09銭だった。
 アグロ事業の売上高は58億円でほぼ前年並みだった。国内販売は、園芸用殺虫剤「ダイアジノン」やクロルピクリンなどの土壌消毒剤の販売は好調だった。海外販売は前年の同一期間をやや上回ったが、「将来的にアジアをはじめとするグローバル市場への事業展開をめざしており、今後も徐々に海外販売をのばしていきたい」(広報IR室)考えだ。
 そのほか、今後の課題として新規殺虫剤の開発促進などをあげている。
 25年度の業績については、売上高1620億円、営業利益195億円、経常利益200億円、当期純利益120億円を見込んでいる。


(関連記事)

・アグロ事業は減収減益 日本化薬が第2四半期決算(2013.01.07)

・ジャンボタニシからイネを守る「スクミハンター」  日本化薬 (2012.12.20)

田植同時散布に最適 水稲用除草剤「プレステージ」  日本化薬(2012.01.30)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ