左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

円安背景に増収増益 日産化学第2四半期決算2013年11月7日

一覧へ

 日産化学工業は10月29日、平成25年3月期第2四半期決算を公表した。

 売上高は前年同期に比べて7.4%増の764億100万円、営業利益は同23.3%増の105億7700万円、経常利益は同32.6%増の111億2000万円、四半期純利益は同41.5%増の79億6100万円だった。
 公共投資の増加、個人消費の持ち直し、円安の定着などを背景にすべての部門で増収増益となった。
 農業化学品部門は、水稲用除草剤の「アルテア」、「シリウス」、非選択性茎葉処理型除草剤「ラウンドアップ」、輸出用の畑作用除草剤「タルガ」などが好調で、売上高は同26億2900万円増の160億200万円、営業利益は同2億3700万円増の23億7300万円だった。


(関連記事)

日産化学、業績予想を上方修正(2013.08.02)

新規除草剤メタゾスルフロンを上市 日産化学(2013.03.19)

ディスプレイ材料、農薬など好調で増収増益  日産化学工業第2四半期決算(2012.11.08)

農薬事業はほぼ前年並みだが全社では減収減益  日産化学(2012.05.23)

種に付けるだけ、カンタン処理で長期防除 種子殺菌剤「ボルテックスFS」  日産化学(2012.03.27)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る