農薬 ニュース詳細

2016.03.17 
水稲用初・中期一発処理除草剤『シュナイデン』を発売 三井化学アグロ一覧へ

 三井化学アグロ(株)は、水稲用初・中期一発処理除草剤『シュナイデン』を発売した。

『シュナイデン』右からジャンボ、フロアブル、1キロ粒剤 三井化学アグロ 『シュナイデン』は、日産化学工業(株)が開発したノビエから多年生雑草まで幅広く効果のあるメタゾスルフロン(愛称:アルテア)と、三井化学アグロ(株)が開発した水稲への安全性に定評のあるピラゾレートに、(株)エス・ディー・エス バイオテックが開発した白化作用を持つベンゾビシクロンを配合した3成分剤だ。
 アルテアの優れた効果に加えて、ピラゾレートとベンゾビシクロンを混合することで、ホタルイおよびコナギなどの広葉雑草に対して、安定した効果を発揮する。
 『シュナイデン』は、1キロ粒剤、ジャンボ、フロアブルの3製剤が揃っての発売で、1キロ粒剤は田植同時処理でも使用可能だ。
なお『シュナイデン』はJAルートのみで販売される。
 この剤に関する問い合わせは、三井化学アグロ(株)技術普及部TEL:03-5290-2757まで。
(写真)『シュナイデン』右からジャンボ、フロアブル、1キロ粒剤

(関連記事)
水稲用除草剤「アールタイプ」ジャンボ・フロアブルを発売 三井化学アグロ (16.03.02)

【時の人 話題の組織】谷 和功(三井化学アグロ株式会社代表取締役社長)絶えず革新による成長を追求 (16.02.29)

「ベジセイバー」の適用が拡大 三井化学アグロ (16.02.23)

タイの農薬会社の株式を追加取得 三井化学アグロ (16.01.29)

複合肥料配合の育苗箱用殺菌剤「タチガレファイト液剤」登場 三井化学アグロ (16.01.14)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ