農薬 ニュース詳細

2016.01.29 
タイの農薬会社の株式を追加取得 三井化学アグロ一覧へ

 三井化学アグロ(株)は、タイの農薬会社ソータス社の株式を追加取得した。

 海外事業の拡大をめざして、三井化学アグロは成長が見込まれる東南アジア市場における生産拠点を確保するために、2011年にソータス社の株式を10%取得し、業務・資本提携を進めてきた。2013年には、同社の東南アジアにおける製剤の開発機能強化のために共同で製剤研究所を設立するなど、ソータス社は同社の重要なパートナーとなっている。
 そしてこの1月に、ソータス社の株主であるPacific Agriscience Pte.,Ltd.との間で株式売買契約を締結し、Pacific社が保有する全株式を取得し、同社の持株比率は16.2%となった。このことによって、ソータス社との一層の関係強化をはかり、同社製品の市場拡大、新規製品の開発促進につなげ、「東南アジアでの更なる事業強化を量っていく」という。
 ソータス社の事業の概要は、農薬・生活環境用薬剤・肥料の輸入、製造、販売、害虫駆除となっている。

(関連記事)
複合肥料配合の育苗箱用殺菌剤「タチガレファイト液剤」登場 三井化学アグロ (16.01.14)

かび病、うどんこ病などに卓効 園芸用殺菌剤「ベジセイバーR」 三井化学アグロ (15.11.10)

【事務所移転】三井化学アグロ(2月16日付) (15.01.28)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ