左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ダウ・ケミカル日本グループ、商号・組織変更2017年7月26日

一覧へ

 ダウ・ケミカル日本(株)(本社:東京都品川区、代表取締役社長:ピーター・ジェニングス)は、ダウとデュポンの対等経営統合と、その後に予定されている農業関連、素材科学、特殊化学品、への三社分割に先立ち、2017年8月1日をもって、ダウ・ケミカル日本グループの商号変更を含む組織変更を行う。

 ダウ日本グループの農業関連事業は、「ダウ・アグロサイエンス日本株式会社」となる。
 また、ダウ日本グループの、農業関連以外の化学品等事業は、会社分割によりローム・アンド・ハース・ジャパン株式会社に承継され、同時に商号が「ダウ・ケミカル日本株式会社」に変更される。
 特殊化学品事業については、従来通りローム・アンド・ハース電子材料株式会社が進めていく。

◎新商号・事業内容(8月1日付)
・『ダウ・アグロサイエンス日本株式会社』(前ダウ・ケミカル日本(株))事業内容=農業関連事業:農業科学品、防除、防蟻剤等。
・『ダウ・ケミカル日本株式会社』(前ローム・アンド・ハース・ジャパン(株))事業内容=素材科学事業:基礎化学品、プラスチック、コンシューマー・ソリューションズ、自動車向け製品等。
・『ローム・アンド・ハース電子材料株式会社』(前同)事業内容=特殊化学品事業:半導体製造薬品、金属表面処理剤等。
 所在地は三社とも、東京都品川区東品川二丁目2番24号。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る