農薬 ニュース詳細

2018.09.18 
グリーンガード剤・アグリマイシン剤事業を買収 日本曹達一覧へ

 日本曹達(株)、2017年11月30日に開示していたゾエティス・ジャパン(株)プラントヘルス事業の買収手続きを進めていたが、9月14日に本買収が完了したと公表した。

 この買収により、同社グループ農業化学品事業の「製品ポートフォリオが拡充され、既存製品とのシナジー効果が生まれ、グループのリソースにおいて開発・マーケティングを推進することにより、中期的な事業拡大が期待できる」と同社ではコメントしている。
 同社が今回買収したのは、「グリンガード剤」や「アグリマイシン剤」を中心とするプラントヘルス事業で、特長ある製品と技術サービスにより、市場での高い信頼を獲得している事業だといえる。
 「グリーンガード剤」は、森林防疫市場において広く使用されており、近年日本各地で問題となっているマツノザイセンチュウを原因とする松枯れの防除に優れた効力を示している。この剤を獲得したことで、同社グループは松枯れ防除薬剤の国内トップシェアメーカーとなる。同社では「大切な松を守るという、環境領域における事業強化により、自然環境・景観の保全に貢献していく」としている。
 また、農業用薬剤である「アグリマイシン剤」は、果樹や野菜類の難防除病害である細菌性病害を防除する殺菌剤であり、今後のさらなる需要の拡大が想定されている剤だ。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ