農薬 ニュース詳細

2018.09.26 
新規ウンカ剤ピラキサルト含有の2箱剤の登録取得 協友アグリ一覧へ

 協友アグリは、JA全農とデュポンが共同開発した新規成分ピラキサルトを含有する水稲育苗箱殺虫殺菌剤「防人(さきもり)箱粒剤」と「箱維新(はこいしん)粒剤」の登録を26日に取得した。

セジロウンカ 協友アグリが2剤の登録取得! 防人箱粒剤と箱維新粒剤 新規成分ピラキサルトは抵抗性をもつウンカ類にも卓効をしめすものとして、かねてよりウンカ類に悩まされている西日本を中心に生産現場で注目されており、9月21日に登録を取得した。
 協友アグリが登録を取得した2剤はこのウンカ類に優れた効果を長期間持続するピラキサルトと、コブノメイガ等のチョウ目害虫に長期残効を有するクロラントラニリプロール、いもち病に高い効果を示すイソチアニルの3成分を含有する「防人箱粒剤」と、「防人箱粒剤」の3成分に紋枯病に優れた防除効果を持つフラメトピルを加えた4成分を含有する「箱維新粒剤」だ。
 「防人箱粒剤」は、ウンカ類、コブノメイガから日本の稲を守る役目を果たす意気込みを込め、九州の地を守るために設置された「防人」になぞらえ命名し、「箱維新粒剤」は水稲の主要病害虫防除を1剤で長期間防除できることから「現状の防除体系を刷新する」という意味を込めて命名したという。
 両剤は、協友アグリの取扱い品として、JAグループを通じての普及・発売として、2019農薬年度の上市を予定している。

 

(関連記事)
水稲除草剤「マメット」適用拡大 協友アグリ(18.08.10)
【人事異動】協友アグリで役員人事 (1月30日付)(18.01.31)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ