左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

BASFが「国際グローバル・リード企業」2018年10月11日

一覧へ

 BASFが国際グローバル・コンパクトおよび持続可能な開発目標(SDGs)への継続的な関与とコミットメントが評価され、「国際グローバル・リード企業」および「SDGパイオニア」に認定された。

 BASFは多くのステークホルダーと協力し、水関連の課題に対するあらゆる活動を推進している。こうした持続可能な水と気候への取り組みを推進するBASFの革新的なソリューションが評価され、BASFを代表し北米市場・ビジネス開発担当プレジデントのテレサ・ゼレストが「国際グローバル・コンパクトSDGパイオニア」として表彰された。
 BASF コーポレーション(米国)は、地球規模の課題に対する持続可能な解決策に焦点を当てた、問題解決型の教育および研究を促進するため、、2017年にルイジアナ州立大学工学部に100万ドルを寄付し、「BASF Sustainable Living Lab」を設立した。
 ラボの研究チームは、従来のエネルギーを集約する消毒法を用いることが不可能な発展途上国において、約10億人に安全な飲料水を提供する可能性を持つ、太陽からの可視光を利用した携帯型の水消毒システムを開発した。
 BASFの水管理戦略では、同じ流域地区で活動する自治体や企業など、他の水利用者と協力し、水の効率的な利用と、地域の水問題に対する持続可能な解決策の開発に取り組んでいる。

 

(関連記事)
新規農業用殺虫剤「インスカリスR」米国で登録取得 Meiji Seika ファルマ(18.10.05)
バイエルの野菜種子事業買収も完了 BASF(ドイツ)(18.08.22)
バイエルの事業・資産の買収を完了 BASF(18.08.03)
BASFが新サイレージ用添加剤「Lupro-Cid NA」を上市(18.07.17)
殺虫剤インスカリス(R)世界市場で登録取得 BASF(18.06.21)
ブルーダーミュラー氏が会長に 独・BASF社(18.05.11)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る