肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2018.07.17 
BASFが新サイレージ用添加剤「Lupro-Cid NA」を上市一覧へ

 BASFジャパン(株)は、厳しい条件下でも高品質なサイレージ調整を可能にする新サイレージ用添加剤「Lupro-Cid(ルプロサイド)NA」を上市した。

BASFのサイレージ用添加剤Lイメージ写真 このLupro-Cid(ルプロサイド)NA」は、ナトリウムで緩衝化した国内初の低刺激性、低腐食性の有機酸製剤だ。有機酸にナトリウムを添加することで、これまで有機酸を使用するうえで懸念されていた金属腐食性と皮膚刺激性を大幅低減することに成功し、酪農従事者の作業の安全性が向上すると同社ではみている。
 サイレージの品質は、発酵の過程に大きく左右されるので、良質なサイレージを生産するためには、適切な発酵が必要不可欠だといえる。同剤は、緩衝化されたギ酸とプロピオン酸の混合物でギ酸は酪酸発酵の制御に、プロピオン酸は好気的変敗の要因となるカビおよび酵母の制御にそれぞれ有効だといえる。
 梶浦智義同社ニュートリション&ヘルス事業部長は、「乳牛生産性向上には優れた品質にサイレージが必要です。BASFの有機酸は、酪農従事が安全かつ簡単に飼料の品質維持していくうえでお役に立てると考えています」と語るとともに、「BASFの有機酸製品を最大限に活用して頂くことで、日本の酪農の発展に貢献することを目指している」と語った。
 日本政府は、2025年までにサイレージを含む国内粗飼料の自給率を100%にひき上げることをしている。しかし、国内142万頭の乳牛のうち約80万頭(約59%)が北海道飼育されている。しかし、北海道は過去数十年間で気温や台風、降雨量が増加し、サイレージの調製・保管が以前に比べると難しくなってきており、どのような環境でも長期間の保存と高い品質を維持でき常用が高まっており、BASFジャパンの今回の上市は、こうした生産現場のニーズに応えていこうとする試みだといえる。

 

(関連記事)
殺虫剤インスカリス(R)世界市場で登録取得 BASF(18.06.21)
バイエルの種子・農薬事業を追加買収 BASF(18.05.07)
BASF新製品の総売上げは35億ユーロに 日本企業も共同開発(18.03.07)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ