農薬 ニュース詳細

2019.05.27 
キノコバエをハチが退治 シイタケ害虫の新たな天敵を発見 森林総研一覧へ

 森林総合研究所は、菌床シイタケの害虫であるナガマドキノコバエ類の天敵となる寄生バチが、キノコバエの増殖を抑制する高い効果をもつことを実験的に証明した。

 キノコバエは、シイタケの菌床栽培で大発生し深刻な被害をもたらす害虫。森林総研は、キノコバエを殺す天敵を探すため、関東地域の生産者の栽培ハウスからキノコバエの幼虫を採集し飼育したところ、キノコバエではなくハチの成虫が出てくることに気が付いた。
 これを観察すると、ハチはキノコバエの幼虫をみつけると急いで近寄り、尾端の針を突き刺してキノコバエの幼虫の体内に卵を産みつけた。さらに、卵からかえったハチの幼虫は、キノコバエの幼虫の体を食べて発育し、ついにはキノコバエの幼虫を殺して成虫となったという。また、このハチを調べると、ハエヒメバチ亜科に属する新種の寄生バチであることがわかった。
 これを受けて実際に、森林総研の実験用栽培ハウスでキノコバエの幼虫と寄生バチを放してみると、キノコバエの幼虫数が激減。寄生バチがキノコバエの増殖を抑制する高い効果を持つことが明らかになった。
 森林総研では今後、この寄生バチを実用化する新しいキノコバエ防除法の開発を目指すという。
 この研究成果は、今年3月末にBiological Control誌にオンライン公開された。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ