想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

世界の殺線虫剤市場 2027年までに3.5%以上の成長率と予想2020年12月15日

一覧へ

Kenneth Researchは、世界の殺線虫剤市場の予測評価を提供する調査レポートを12月10日に発刊した。

世界の殺線虫剤市場 2027年までに3.5%以上の成長率と予想

殺線虫剤は、植物寄生性線虫を殺すために使われる化学農薬。土壌中の移動を促進する高い揮発性とその他の特性を保持する広域スペクトルの毒物である傾向があり、さまざまな農業、工業とその他の用途での需要が増加。肥沃で耕作可能な土地が減少する中、世界の食糧需要を満たすため、より高い収穫量を得るために需要が高まっている。

レポートでは、世界の殺線虫剤市場は2019年に約12.1億 万米ドルと評価され、2020~2027年の予測期間中に3.50%以上の成長率で成長すると予想している。

インドでは、食用穀物の生産量は2015~16年の2億5154万トンから2016~17年には2億7511万トンに増加。耕作面積も2015~16年の1億2322万ヘクタールから2016~17年には1億2923万ヘクタールに増加した。さらに、従来の合成農薬の代替としての生物殺線虫剤を拡大させる政府の支援も世界的な生物殺線虫剤市場の成長を牽引した。

人間の健康被害と環境の副作用の減少も予測期間中に世界市場を後押しすると予想。2017年の中国での農薬使用量は177万トンだったが、米国では407千トン、ブラジルでは377.17千トンだった。消費者の支出能力の増加と高品質の食料需要もまた、世界市場を刺激すると予想される。

一方、残留農薬の問題は2020~2027年の予測期間中に市場の成長を妨げることから、特定の害虫を対象とした商品の提供が、市場に有利に働くと予測される。

レポートはさらに、各メーカーの主要戦略、企業の財務状況を説明する主要なマトリックス、合併や買収などの企業のいくつかの要因に関する詳細な分析も示している。

また、市場を北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカの五つの主要な地域に分割し、地域分析に関する詳細情報も提供している。

アジア太平洋地域は最大の市場シェアを保持と予測

アジア太平洋地域は農業の成長により、市場シェアで世界をリードする重要な地域。2020~2027年の予測期間中に最高の成長率/CAGRを示すと予想される。可処分所得の増加や作物収量を増やすための投資の増加などの要因は、アジア太平洋地域全体の殺線虫剤市場に有利な成長見通しを生み出すと予測される。

◎世界の殺線虫剤市場における業界のリーダー
Bayer AG
Syngenta Crop Protection AG
Corteva Agriscience
BASF SE
Adama Ltd.
FMC Corporation
Nufarm
UPL Limited
Isagro Group
Valent USA LLC.

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る