生産緑地特集
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッド:輸出米マッチングフェア2021SP
バイエルクロップサイエンス:PC
ベリマークSC:FMC(SP)センター

殺虫剤市場 2027年までCAGR3.5%で成長の見込み2021年7月9日

一覧へ

REPORTOCEANは7月7日、殺虫剤市場に関する新レポートを発行。2020~2027年の予測期間において、3.50%以上の健全な成長率を見込んでいる。

同レポートは、世界の殺虫剤市場は、2019年には約12億1000万米ドルとなり、2020年から2027年の予測期間には3.50%以上の健全な成長率で推移すると予想している。

殺虫剤は、植物に寄生する線虫を殺すために使用される化学農薬。殺線虫剤は、高い揮発性や土壌中を移動しやすい特性を持つ広域毒性物質であるため、農業、工業、その他の様々な用途での需要が増加している。肥沃な耕作地の減少により、世界の食糧需要を満たすために作物の収穫量を増やすことが求められている。例えば、インドの食用穀物生産量は、2015~16年の2億5154万トンから2016~17年には2億7511万トンに増加。耕作面積も2015~16年の1億3322万ヘクタールから2016~17年には1億2923万ヘクタールに増加した。さらに、従来の化学合成農薬に代わるものとしてバイオ殺虫剤の拡大を後押しする政府の支援も、世界のバイオ殺虫剤市場の成長を後押ししている。

また、人の健康被害や環境への副作用が減少することも、予測期間中に世界市場を押し上げる要因になると考えられる。2017年の中国での農薬使用量は177万トン、米国では40万7千トン、次いでブラジルでは377.17千トン。

消費者の支出能力の増加や高品質な食品の需要も世界市場を後押しすると予想される。2020~2027年の予測期間では、残留農薬問題が市場の成長を妨げているが、特定の害虫を対象としたカスタマイズされたソリューションを提供することは、市場にとって有利な機会となる。

世界の殺虫剤市場の地域分析は、アジア太平洋地域、北米、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、その他の地域など主要地域が対象。アジア太平洋地域は、同地域での農業の成長を背景に、市場シェアの面で世界をリードする重要な地域となっている。また、2020~2027年の予測期間に、アジア太平洋地域は最も高い成長率(CAGR)を示すと予想されている。可処分所得の増加や、作物の収穫量を増やすための投資の増加などの要因により、アジア太平洋地域の殺虫剤市場は有利な成長が見込まれる。

同レポートに含まれる主な市場参加者は以下の通り。

バイエルAG
シンジェンタクロッププロテクション社
コルテバ・アグリサイエンス
BASF SE
Adama Ltd.
FMCコーポレーション
Nufarm社
UPL社
イサグログループ
Valent USA LLC.

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る