石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

適用拡大情報 殺虫剤「プリロッソ粒剤オメガ」 FMC2022年1月14日

一覧へ

FMCは1月12日、殺虫剤「プリロッソ粒剤オメガ」が適用拡大されたことを発表した。

プリロッソ粒剤オメガプリロッソ粒剤オメガ

「プリロッソ粒剤オメガ」は、ねぎやだいこん、果菜、葉菜類等の難防除・抵抗性・重要害虫の食害を即効的に停止。害虫に作物の価値を低下させる傷を作らせず、高い防除効果が3~4週間長く持続する。

【追加・変更された内容】

・作物名「キャベツ」に使用量「苗地床1平方メートル当り100g」を、適用病害虫名「ハイマダラノメイガ」、使用時期「育苗期」及び使用方法「散布」にて追加

・作物名「キャベツ」のシアントラニリプロールを含む農薬の総使用回数について、「4回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の散布は3回以内)」を「4回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の処理は3回以内)」に変更

・作物名「だいこん」のシアントラニリプロールを含む農薬の総使用回数について、「4回以内(は種時の土壌混和は1回以内、散布は3回以内)」を「4回以内(は種時までの処理は1回以内、は種後の処理は3回以内)」に変更

・作物名「ブロッコリー」のシアントラニリプロールを含む農薬の総使用回数について、「4回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の散布は3回以内)」を「4回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の処理は3回以内)」に変更

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2022

みどり戦略

注目のテーマ

注目のテーマ

全農人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る