秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオヘッドSP:ネマトリンエース
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

売上高は16.3%増 2022年第2四半期決算 BASF2022年8月1日

一覧へ

ドイツのBASF本社は7月27日、2022年第2四半期の業績を発表。売上高は16.3%増の230億ユーロで、原材料価格とエネルギー価格の 高騰が続くなか堅調な利益を達成した。

BASFグループの売上高は、前年同期比32億ユーロ増の230億ユーロで、16.3%増。この増加は、ほぼすべての事業セグメントでの大幅な値上げの実施によるもの。特別項目控除前営業利益は23億ユーロで、好調だった前年同期の水準に達した。

アグロソリューション事業セグメントとニュートリション&ケア事業セグメントは大幅増益となったが、インダストリアル・ソリューション事業セグメントの利益は微増にとどまった。「その他」に分類される事業の特別項目控除前営業利益は、著しく改善した。一方、 ケミカル事業セグメントおよびマテリアル事業セグメントでは、特別項目控除前営業利益が大幅に減少。サーフェステクノロジー事業セグメントにおいても、特別項目控除前営業利益は大幅減となった。

EBIT(営業利益)は、3400万ユーロ増の24億ユーロ。減価償却費および特別項目控除前営業利益(特別項目控除前EBITDA)は、7600万ユーロ増の33億ユーロ、EBITDAは1億9700万ユーロ増の34億ユーロだった。

アグロソリューション事業セグメントの売上高は、前年同期比大幅増加の25億ユーロ、25.3%増となった。この増加は主に、全地域における販売価格上昇と、米ドルを中心とする為替のプラス効果によるもの。販売量の大幅な増加も売上の伸びに貢献した。特別項目控除前営業利益は、前年同期の水準を大幅に上回り、2億2300万ユーロ。これは主に、売上が順調に推移し、コスト増を十分に補うことができたため。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る