2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

スマホ用アプリ「レイミーのAI病害虫雑草診断」診断対象作物を追加 日本農薬2022年9月21日

一覧へ

日本農薬は、スマートフォン用アプリ「レイミーのAI病害虫雑草診断」に、新たに「だいこん」「かぶ」「カリフラワー」の3作物を追加。診断対象作物は今回の追加により全15作物となる。

同アプリは、日本農薬とNTTデータCCSが共同で開発した防除支援ツール。カメラで撮影した作物や田畑に発生する病害虫や雑草の画像をAIで診断し、生産者へ防除に有効な薬剤情報を提供する。iOS、Androidに対応。ダウンロード・利用は無料。

対応する農薬は、同社製品に加え、スマート農業普及のために連携する日産化学、日本曹達、三井化学アグロ、エス・ディー・エス バイオテック、丸和バイオケミカルが提供する製品の情報を掲載している。

追加となった診断対象作物は、水稲、キャベツ、はくさい、レタス、ブロッコリー、ねぎと、3月に追加したトマト、きゅうり、なす、いちご、6月に追加したこまつな、チンゲンサイ、9月に追加しただいこん、かぶ、カリフラワーの全15作物。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る