秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCヘッドSP:エクシレルりんご
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

新規殺菌剤キノプロール含有の「ミギワ20フロアブル」 全国販売開始 日本曹達2022年12月2日

一覧へ

日本曹達株式会社は新規農薬原体キノプロールを含有する殺菌剤「ミギワ20フロアブル」の全国販売を12月1日より開始すると発表した。

ミギワ20フロアブルミギワ20フロアブル

キノプロールは、同社が開発した新規の作用機構を有する殺菌剤であり、適用作物と適用病害の範囲が広いことから、大型の殺菌剤となることを想定している。国内で広く使用されているDMI剤やストロビルリン系剤に耐性のあるリンゴ黒星病菌に卓越した効果を示すほか、ストロビルリン系剤に耐性のあるブドウ晩腐病菌にも有効であり、農業生産現場における耐性菌の問題を解決する新剤として期待されている。同社では「ミギワ20フロアブル」を地域限定で販売していたが、キノプロール原体の量産設備の竣工に伴い、全国における本格販売を開始する。

また、キノプロールは、マメ類や果菜などの灰色かび病や菌核病などの病害にも有効であることから、これらの作物・病害を対象とする「ミギワ10フロアブル」を開発中であり、2023年度の販売開始に向けて同社は準備を進めている。さらに、同社は韓国においては日本と同じ20%フロアブル剤の登録を取得し、2023年度の販売開始に向けて準備を進めているほか、米国、欧州やブラジルにおいても開発を進めているとしている。

最新の記事

右上長方形:Z-GIS・SP

みどり戦略

DiSC:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る