Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA三井リース中央(1)PC
JA全中中央SP

銀座農園、シンガポールへ旬の農産物輸出2013年7月5日

一覧へ

 都市部での農業生産や農業流通、商品サービスなどの支援を行っている銀座農園(株)は7月からシンガポールへ農産物の輸出業務を開始した。

 同社は2012年12月、シンガポールに現地法人を設立し高糖度トマトの生産をスタートさせたが、それに続く海外事業として同国への旬の農産物の輸出事業を始める。
 7月上旬に立ち上げるEコマースサイトで海外からの注文を受け、それを同社が提携する全国各地の産地直売所につなぎ、直売所から直接シンガポールへ空輸する仕組みだ。今回は、香川県の「良心市たかせ」と提携し、モモ、ブドウなどの果物、野菜を完熟の状態で宅配する。
 シンガポールでは、福島第一原発事故以来、日本の農産物を輸入する業者はほとんどなくなったが、「適切な価格の日本の農産物を食べたい」というニーズは高いという。また、海外農産物としては安価な韓国産、台湾産、豪州産などのシェアが高く、「品質、価格に柔軟性を持ちながら輸出バリエーションを増やす」ことが急務だとしている。
 同社ではこの宅配事業について、2年以内に3カ国、500会員、年間売り上げ3億円以上をめざすとしている。


(関連記事)

福島県の移動型アンテナショップ 11月30日から期間限定オープン(2012.11.29)

「今年こそ収穫を!」 東京・芝浦とJA北魚沼の水田交流が2年目に](2011.05.17)

【銀座農園(株) 社長】飯村 一樹 氏(2010.06.10)

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

JA人事

DiSC:SP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る