左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

砂糖消費量2%増 25年砂糖年度の需給見通し2013年9月26日

一覧へ

 農水省は9月24日、平成25砂糖年度(25年10月1日?26年9月30日)10?12月期の砂糖・異性化糖の需給見通しを発表した。

 同期の分蜜糖(サトウキビ、テンサイを原料とする上白糖、グラニュー糖など)の消費見通しは54万4500t、含蜜糖(サトウキビを原料とする黒糖など)は6500t、異性化糖(ブドウ糖と果糖の混合液糖)は16万5900tとなる見込み。
 年度全体の消費量は、分蜜糖が201万tで前年度に比べて2%増、含蜜糖が3万5000tで同9.4%増、異性化糖が80万7000tで同2.2%減となる見込み。合計では2852tで同2.1%増となる。
 このうち国内産糖の供給量は70万3000tと見込まれるため、約130万tが輸入される見通しだ。


(関連記事)

砂糖調整基準価格15万3200円に 農水省(2013.09.18)

米砂糖団体「関税撤廃正しくない」 全中と連携(2013.09.04)

砂糖の国産供給量増 農水省が需給見通し(2013.06.25)

国内産糖の供給量、前期から減少  平成24砂糖年度の需給見通し(2012.12.21)

砂糖収量の大幅増が可能に 生産性高める世界初の技術開発  アサヒグループと農研機構 (2012.10.19)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る