食品流通 ニュース詳細

2013.09.26 
砂糖消費量2%増 25年砂糖年度の需給見通し一覧へ

 農水省は9月24日、平成25砂糖年度(25年10月1日〜26年9月30日)10〜12月期の砂糖・異性化糖の需給見通しを発表した。

 同期の分蜜糖(サトウキビ、テンサイを原料とする上白糖、グラニュー糖など)の消費見通しは54万4500t、含蜜糖(サトウキビを原料とする黒糖など)は6500t、異性化糖(ブドウ糖と果糖の混合液糖)は16万5900tとなる見込み。
 年度全体の消費量は、分蜜糖が201万tで前年度に比べて2%増、含蜜糖が3万5000tで同9.4%増、異性化糖が80万7000tで同2.2%減となる見込み。合計では2852tで同2.1%増となる。
 このうち国内産糖の供給量は70万3000tと見込まれるため、約130万tが輸入される見通しだ。


(関連記事)

砂糖調整基準価格15万3200円に 農水省(2013.09.18)

米砂糖団体「関税撤廃正しくない」 全中と連携(2013.09.04)

砂糖の国産供給量増 農水省が需給見通し(2013.06.25)

国内産糖の供給量、前期から減少  平成24砂糖年度の需給見通し(2012.12.21)

砂糖収量の大幅増が可能に 生産性高める世界初の技術開発  アサヒグループと農研機構 (2012.10.19)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ