左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

食品への放射線の影響を考えるセミナー2014年2月27日

一覧へ

 消費者庁、内閣府食品安全委員会、厚労省、農水省の4省庁は3月18日、東京・千代田区の星稜会館で「食品に関するリスクコミュニケーション 食品中の放射性物質に関する現状と今後の取組?正確な理解のために?」を開く。

 福島第一原発事故から、まもなく3年が経とうとしている。関係者の努力により、放射性物質の基準を越える食品はほとんど検出されなくなったが、いまだに福島県産に対して不安を抱く消費者も多い。
 今回のイベントでは、福島県立医科大学の熊谷敦史氏の基調講演のほか、JA伊達みらい、日本生協連など生産、流通、消費、関係省庁など8人が登壇してのパネルディスカッションを行う。

【イベント概要】
○日時:3月18日(火)13:30?16:30
○会場:星稜会館ホール(東京・千代田区)
○参加費無料
○定員:200人(先着順)
○申し込みはEメールで。申込締切は3月10日

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る