左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農産物先物取引でセミナー 東京商品取引所2015年3月5日

一覧へ

 (株)東京商品取引所は農林水産省との共催で農産物先物取引セミナーを開催する。

 第1部は「農産物の需給分析編」として講師による講演とパネルディスカッションで需給見通しや相場動向を議論する。第2部は「農産物の価格変動分析編」としてテクニカル分析について専門家が講演する。

◎日時=平成27年3月23日(月)17時30分?19時30分(開場17時)
◎場所=TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター・ホール5B(中央区八重洲1-2-16TGビル別館)
◎プログラム=
▽第1部「農産物の需給分析編(ファンダメンタル)」
講師:岩崎正典・(株)岩崎食料・農業研究所長
司会:鈴木佐知子・(有)ワーズオン代表
パネリスト:長田泰・第一商品(株)法人部課長代理、森田剛・日本ユニコム(株)商品市場事業開発室

▽第2部「農産物の価格変動分析編(テクニカル)」
講師:小次郎講師(チャート分析家)。

◎参加費=無料(先着100名)
◎申し込み方法=メールアドレス「grain@tocom.or.jp」宛に「氏名」、「連絡先電話番号及びメールアドレス」を本文に記載して送信。締め切りは3月20日。
◎問い合わせ先=03-3661-9190(東京商品取引所農産物・砂糖市場グループ)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る