食品流通 ニュース詳細

2016.04.13 
香港向け輸出のための冷蔵・冷凍施設 郵船ロジスティクス(株)一覧へ

 青果物鮮度保持技術を使ったコンテナを用いて海上輸送を行う郵船ロジスティクス(株)の香港法人Yusen Logistics(Hong Kong)Limitedは3月14日からセン湾区の自社倉庫に設置した冷蔵・冷凍施設の営業を開始している。

香港法人Yusen Logistics(Hong Kong)Limitedは3月14日からセン湾区の自社倉庫に設置した冷蔵・冷凍施設 香港へ向けた食品輸出の需要増加を受け、Tsuen Wan Logistics Center(総面積1万7000平方m)内に設置した。冷蔵施設は2℃~5℃、冷凍施設はマイナス18℃~マイナス15℃でそれぞれ約100平方mの面積。
 加工食品や生鮮品、酒類など幅広い商品の保管の他、入出庫やラベル貼り付けなどの流通加工、梱包、日本にいる企業が自社の名義で在庫保管できる非居住者在庫などのサービスも提供する。
 担当者は「航空海上輸送問わず、日本や欧州から香港に向けて輸出してきたものをトータルでサービス提供していきたい」と話す。今後はCFS機能を生かしたリーファー海上混載サービスの拠点としても活用を検討している。
(写真)庫内・手前が冷蔵、奥が冷凍施設

(関連記事)
高い鮮度・低コスト輸送のCA化技術「Maxtend」 関西の物流活性化モデルに認定 郵船ロジスティクス (16.03.29)

海上輸送でコスト9割削減 青果物の呼吸管理で鮮度保持 (15.11.19)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ