Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

コーヒーなど飲料に付加価値商品の増加 富士経済調べ2016年4月15日

一覧へ

 (株)富士経済は嗜好品を含む飲料72品目の市場を調査し、4月11日に注目市場を2つあげた。

 同社は、注目市場として「レギュラーコーヒー・簡易抽出型コーヒー」と「緑茶・緑茶ティーバッグ」をあげた。
 レギュラーコーヒーは2014年秋冬に原料豆の価格高騰による値上げが行われたが、コーヒーショップで一杯ずつ淹れるコーヒーの人気が高まった。これにより家庭でレギュラーコーヒーを飲む機会ができ、市場が拡大した。2015年見込みは3619億円で前年比115.3%。うち簡易抽出型コーヒーは412億円の見込みで同比108.4%となっている。
 2015年は、業務用についてCVSカウンターコーヒー向けの伸びが鈍化しているが、消費者の本格志向の高まりから市販用の需要が引き続き増加。簡易抽出型コーヒーが伸びている。
 簡易抽出型コーヒーは有機栽培されたコーヒー豆など付加価値商品の増加や、健康志向の女性を中心に、これまで妊婦向けなど限られたチャネルだったカフェインレス商品の量販店での取り扱いが増えている。
 緑茶では、2014年にティーバッグや粉末タイプの簡便な商品の需要が高まり、参入各社の商品投入が続いた。ニーズの減少が続き市場は縮小したが、メディアなどによる茶カテキンの健康促進効果の期待が消費者に浸透しつつあり、深蒸し茶が伸びるなど、高価格帯の商品が好調なメーカーもみられた。2015年見込みは2190億円で前年比99.1%。このうち緑茶ティーバッグは228億円見込みで、同比102.7%となっている。
 緑茶ティーバッグは2014年のPB商品の需要増に加え、伊藤園が積極的な販促活動を行ったことから伸びた。市場は安定した拡大が見込まれている。

(関連記事)
伸びる機能性表示別市場 富士経済まとめ (16.03.30)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る