想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:イントレックス
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

大豆のお肉を使った「大豆ライフシリーズ」3品新発売 丸大食品2020年4月10日

一覧へ

 丸大食品は、大豆ライフシリーズより「大豆ライフ 大豆のお肉を使ったナゲット」、「大豆ライフ 大豆のお肉を使ったから揚げ」、「大豆ライフ 大豆のお肉を使ったスパイシースティック」の3品を新発売した。

大豆ライフ 大豆のお肉を使ったナゲット大豆ライフ 大豆のお肉を使ったから揚げ大豆ライフ 大豆のお肉を使ったスパイシースティック左から大豆のお肉を使った『ナゲット』、『から揚げ』、『スパイシースティック』

 代替肉市場はいま注目が集まっており、日本能率協会総合研究所の予測では2023年に世界で1500億円にまで代替肉市場規模が増大し、英国金融機関のバークレイズでは2029年にその規模は食肉市場の10%を占めるまでになる(15兆円)と予測されている。また、国内でも国内出荷・使用量ともに増加傾向にあり、日経トレンディ今年のヒット予測で「植物肉バーガー」がランクインしている。

 丸大食品は、外食チェーンでの植物性食品の取り扱いが注目されていることから日本でも植物性食品への関心が高まると考え、商品開発に取り組んだという。2017年にソース入りハンバーグスタイルの「お豆のちから畑のバーグ」、ミートボールスタイルの「お豆のちから畑のボール」、コーン、紫いも、枝豆を使ったナゲット「ベジナゲット」等を投入し、大豆ミート市場を開拓してきた。

 「大豆ライフシリーズ」のコンセプトは「お肉は好きだけれど健康が気になる方に向けて、お肉の代替品をお届け。お肉のような食感と食べ応えが特徴。」としている。

 3品ともに希望小売価格280円(税抜)で発売中。

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る