左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「Stay Home」でガーデニング市場に活気 海外では昨年比売り上げ8倍の商品も2020年4月14日

一覧へ

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に伴い「Stay Home」が求められる中、ガーデンライフスタイルメーカー、タカショー(和歌山県海南市)のガーデン・エクステリア専門ウェブマガジン「ガーデンストーリー」は、海外でガーデニング需要が増加している実態に関する記事を公開した。

ガーデンストーリーガーデンストーリーWEBサイト

 「今こそ暮らしを変えよう!"Stay Home"により海外で人気急上昇中のガーデニング」と題した記事では、海外に6拠点の販売子会社と営業所を持つ同社の海外事業戦略室室長、内海良平氏に、海外のガーデニング市場の状況について聞いている。

 それによると、ロックダウン(都市封鎖)されたニューヨークなど、海外の都市では、家で過ごす時間が増えた中、掃除や片付けを終えた次の作業として、ガーデニングに目を向ける人が急増。オーストラリアでは、ガーデニング関連商品の1日の注文件数が4倍に増え、イギリスでは、野菜やハーブを育てる大型コンテナの「ベジトラグ」シリーズが、2019年同時期と比べて8倍もの注文を受けているという。

 また、ガーデンセンターの営業が停止された海外の地域では、スーパーに並ぶ苗やタネの売れ行きが好調。その背景には、スーパーに行く回数が限定されたり、入店の人数制限がある中、自宅で野菜を育てようとする人が増えていると推測する。

 通販では、オベリスクやトレリス、プランターやハンギングバスケットなど、ガーデニングアイテムの売上も伸びており、庭仕事に楽しみを見出す人の増加が見られるという。

 同様に、日本でも外出自粛が求められる中、通信販売による苗の注文や庭のつくり替え、メンテナンスなどの注文も増えてきた。記事では、多くの時間を過ごす自宅の暮らしを、ガーデニングを取り入れることでアップデートすることを提案している。
 

【今こそ暮らしを変えよう!"Stay Home"により海外で人気急上昇中のガーデニング】


「ベジトラグ」シリーズ「ベジトラグ」シリーズ

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る