左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新食感、細びきタイプの「毎日食べたいウインナー」発売 フリーデン2020年4月15日

一覧へ

 養豚から豚肉の加工・流通、飲食まで展開するフリーデン(神奈川県平塚市)は4月13日、新しいコンセプトのポークウインナー、「毎日食べたいウインナー」を発売。全国のスーパーや小売店などで販売を開始する。

ぷりふわ食感の「毎日食べたいウインナー」 現在のウインナー市場では、若い世代を中心に、「粗びき」で「ジューシー」な、食べ応えのあるタイプが人気。しかし、年配者や、小さな子どもがいるファミリーからは「あまり量が食べられない」、「ちょっと重たい」という声も聞かれていた。

 そこで同社は、「どんな人でも食べやすく、たくさん食べられて、毎日食べても飽きがこない」、ウインナーを約1年かけて開発した。

  「毎日食べたいウインナー」は、主流の「粗びき製法」とは対照的な、「細びき製法(エマルジョン製法)」で作られる。素材を最大限に活かす肉・脂・水分の配合や、ケーシングの選定を試行錯誤した結果、従来にはない「やわらかくて軽い食感」を実現した。
 味付けも、できる限りシンプルにし、「くどさがなく、たくさん食べても飽きがこない」ウインナーとなった。同社は、口に入れたときの「ぷりっ」とした食感と「ふわっ」とした軽さを、新たに「ぷりふわ食感」と表現している。


写真=ぷりふわ食感の「毎日食べたいウインナー」

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る