左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

宇和島産ブラッドオレンジ使用「 旅するチーズケーキ 」限定発売 Beasty Coffee2020年4月16日

一覧へ

 プロ向けのオリジナルのコーヒー器具や生産者から届けるコーヒー豆を提供するBeasty Coffee Cafe Laboratory(東京都渋谷区)は、日本で唯一の量り売りの八百屋、HACARI(ハカリ)とのコラボレーションにより、愛媛県宇和島産のブラッドオレンジとダークブレンドのコーヒー豆をふんだんに使った「旅するチーズケーキ with Beasty Coffee」をECサイトにおいて期間限定で発売した。

ECサイトで限定販売する「旅するチーズケーキ with Beasty Coffee」ECサイトで限定販売する「旅するチーズケーキ with Beasty Coffee」

 4月14日の"オレンジの日"にちなんで発売された「旅するチーズケーキ with Beasty Coffee」は、宇和島産ブラッドオレンジとオレンジに合わせた、ビースティーコーヒーのオリジナルコーヒー豆を使ったコーヒー味の大人のチーズケーキ。ブラッドオレンジの中でも、果汁が豊富で深みのあるモロ種をふんだんに使い、チーズの香りを引き立てて味に深みを出すビターなコーヒー豆をアクセントに加えた。

 
ブラッドオレンジ生産者の児玉恵さん 今回、コラボしたブラッドオレンジは、JAえひめ南のブラッドオレンジ栽培部会長、児玉恵さんが作ったブラッドオレンジの最高峰。特に、今回チーズケーキに使うモロ種は、赤みが強く、コクのある甘みや濃厚な香りがあり、スイーツに重宝されている品種だ。

 児玉さんは、1991年のオレンジの輸入自由化を受け、愛媛の柑橘栽培について考えた時、地球温暖化による気温の上昇を活かしてブラッドオレンジの栽培に取り組み始めた。「若い人たちが夢をもって柑橘経営に携われるよう、ブラッドオレンジを介して産地を育成し、魅力ある宇和島に少しでも貢献したい」(児島さん)と話している。

 「旅するチーズケーキ with Beasty Coffee」は、ハカリのECサイトで予約販売中。価格はホールが4500円、ハーフが2500円。いずれも税込。

 
【旅するチーズケーキ with Beasty Coffee予約】

「コーヒーを自分なりに楽しむ時間」 を提供する、ビースティーコーヒーのカフェラボラトリー全国200以上の生産者と提携し、旬の農産物を量り売りで買えるHACARIの店頭


写真=ブラッドオレンジ生産者の児玉恵さん(上)、「コーヒーを自分なりに楽しむ時間」 を提供する、ビースティーコーヒーのカフェラボラトリー(左)、全国200以上の生産者と提携し、旬の農産物を量り売りで買えるHACARIの店頭

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る