左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

チェーンストア販売3月度 外出自粛で家庭の消費増え、食料品好調 日本チェーンストア協会2020年4月22日

一覧へ

 日本チェーンストア協会は4月21日、3月度の「チェーンストア販売統計(月報)」の速報を公表した。

「チェーンストア販売統計」令和2年3月度(速報)「チェーンストア販売統計」令和2年3月度(速報)

 チェーンストアの部門別販売額と前年同月比(店舗調整後)は次のとおりとなった。

 外出自粛要請もあり家庭内での消費需要が増えたことから、食料品は好調に推移した。一方、衣料品、住関品は苦戦したが、総販売額の前年同月比(店舗調整後)はプラスとなった。なお、前月の2月度は新型コロナウイルスの感染リスクを減らすためマスクや消毒薬などの購入が増え「医薬・化粧品」の販売額が前年同月比115.4%(店舗調整後)と大きく増加したが、3月度は92.9%となった。

 
◆総販売額 1兆338億6996万円(100.8%)
うち
▽食料品 7133億6086万円(107.1%)
うち
○農産品 1002億7567万円(107.0%)
○畜産品 856億2271万円(110.1%)
○水産品 614億9042万円(104.3%)
○惣菜 874億8669万円(100.7%)
○その他食品 3784億8537万円(108.6%)

▽衣料品 631億8749万円(77.7%)

▽住関品 1968億1652万円(97.4%)
うち
○日用雑貨品 832億4806万円(102.8%)
○医薬・化粧品 285億7728万円(92.9%)
○家具・インテリア 511億8208万円(96 .0 %)
○家電製品 80億945万円(93.2%)
○その他商品 257億9965万円(90.8%)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る