左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「ふるさとチョイス」でコロナ禍の鶏卵事業者を緊急支援 宮崎県新富町2020年5月22日

一覧へ

​宮崎県新富町が持続可能な地域の実現をめざして設立した地域商社、こゆ地域づくり推進機構(こゆ財団)は、ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」で、新型コロナウィルス感染拡大の影響を受け、消費が落ちむ鶏卵事業者を応援する特集を公開した。

アスタキサンチンを多く含み、黄身の色が鮮やかな「児湯一番」アスタキサンチンを多く含み、黄身の色が鮮やかな「児湯一番」

特集は、ローカル記者が児湯養鶏農業協同組合の生産部門と営業部門を取材し、厳正な品質管理の状況や飼料へのこだわりなど生産者の想いを伝えている。

鶏卵の一大生産地、新富町のふるさと納税は、域内15の指定養鶏農家と毎日45トンの卵を生産する同組合の自慢の卵「児湯一番」を返礼品として採用。天然の特殊な木酢酸「ネッカリッチ」を飼料に使った、同組合での生産総量わずか6%の希少な卵で、ふるさと納税の返礼品としてだけ入手することができる。

返礼品は、寄附額4000円以上で「児湯一番」を20個。また、寄付額2万円以上で計120個が届く3か月定期便などを用意している。

 
【大きさ・おいしさ・栄養満点! 児湯養鶏自慢の「一番」たまごを堪能!】

ネッカリッチ赤たまご「児湯一番」ネッカリッチ赤たまご「児湯一番」

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る