左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

抗生物質・成長ホルモンフリー フィンランド産豚肉が日本初上陸2020年6月1日

一覧へ

日鉄物産(東京都港区)の食糧事業本部は5月29日、日本で初めて、フィンランドのAtria社が生産する抗生物質・成長ホルモンフリーの豚肉の販売を始めたと発表した。

森と湖の国、フィンランド産ポークの輸入が始まった森と湖の国、フィンランド産ポークの輸入が始まった

同社は、2月からAtria社の豚肉の輸入を始め、日本大手外食チェーン店への販売を4月から開始した。

「森と湖の国」と呼ばれ、きれいな空気と水が豊富なフィンランドは、政府が外部から病気の媒介になりうるものを厳しく監視しているため動物の疾病拡大がほとんどなく、農薬や抗生物質をほとんど使わずに健康な豚が育つ環境がある。

また、健康な豚の生育に必要な腸内環境を崩す大きな原因は、飼料由来のサルモネラ菌といわれるが、フィンランドは国として畜肉のサルモネラフリーを保証しており、畜肉生産においては世界でもトップクラスの安全性を誇る。

Atria社は、自社の飼料工場、エタノール精製工場を持ち、より健康な豚を育てるために、輸入飼料は使わず自社工場で飼料を作る。また、エタノール精製工場では、養豚向けの大麦ベースの高栄養価リキッド飼料を製造している。これらを豚に与えることで、飼料効率が良くなる上、内臓の負担も抑えられ、栄養価の高い良質なポークの生産が可能となる。

同社は、日本で唯一のフィンランド産豚肉を輸入販売する商社。持続可能な社会のへ向けて、今後も安心・安全にこだわったフィンランド産ポークを日本市場へ提供していく。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る