左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

特別栽培りんご「彩香」とオリジナル天然酵母で作った新シードル発売 もりやま園2020年6月1日

一覧へ

青森県弘前市で100年以上続くりんご園、もりやま園は6月1日、自社農園天然酵母とりんごで作ったお酒の新商品「えんシードル 彩香(さいか)」を発売した。

ピンクがかったオレンジ色が美しい「えんシードル彩香」ピンクがかったオレンジ色が美しい「えんシードル彩香」

「えんシードル 彩香(さいか)」は、自社ブランドのテキカカシードルに続くシードル。自社のりんご園から何種類もの酵母菌を採取して選んだオリジナル天然酵母「MAY29」を使っている。

この酵母と組み合わせるりんごは、青森県が育成してきたりんご「あおり9号」(商標名:彩香)。優れた耐病性と自己摘果性を併せ持つが、生産者には定着していなかった。そこで、もりやま園は、彩香を持続可能な農業に役立てるため、節減対象農薬と化学肥料を使わない、環境負荷の少ない特別栽培の実用化と、シードルの商品化に着手した。

彩香は甘味の中にさわやかな酸味やタンニン、桃やあんずのような香りが特徴。果汁はピンクがかったオレンジ色で、後味はさっぱりしている。他の品種をブレンドせずにバランスのとれたシードルに仕上がった。
アルコール分は5%。750mlボトルで希望小売価格は1800円(税別)。


シードルの原料となるりんごの彩香シードルの原料となるりんごの彩香

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る