左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ブロッコリースーパースプラウトの有用成分「スルフォラファン」含有量1.7倍に 村上農園2020年6月2日

一覧へ

村上農園(広島市)は、主力商品「ブロッコリー スーパースプラウト」に含まれる有用成分「スルフォラファン」(SGS)を、長年の研究によって発売当初と比べ約1.7倍に増加させることに成功。6月1日からパッケージに成分含有量を記載し順次出荷する。

新パッケージにスルフォラファン含有量を表記新パッケージにスルフォラファン含有量を表記

村上農園の「ブロッコリー スーパースプラウト」は、米国ジョンズ・ホプキンス大学医学部で開発された高成分野菜。国内では、同大学と独占ライセンス契約を結んだ同社のみが生産している。「ブロッコリー スーパースプラウト」は発売当初、有用成分「スルフォラファン」の含有量がは100グラムあたり258mgだったが、その後研究が進み、同428mgへと約1.6倍に増加している。

スルフォラファンは、植物に含まれる天然の化学物質であるファイトケミカルの一種で、ブロッコリーに微量に含まれる成分。ピリッとした辛みを持ち、解毒力や抗酸化力を高める作用があることが報告されている。

近年は、健康志向の高まりから、野菜の栄養素やその含有量への関心が増していることから、スルフォラファン含有量をパッケージに記載し、購入の際の選択の目安にする。

「ブロッコリー スーパースプラウト」のレギュラーパック(50g)は、スルフォラファン含有量214mg、ミニカップ(20g)は同86mg。

ブロッコリー スーパースプラウトを生産する植物工場ブロッコリー スーパースプラウトを生産する植物工場

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る