想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

巣ごもり需要で宅配・店舗ともに供給高前年比増ーパルシステム総会2020年6月23日

一覧へ

パルシステム生協連は6月22日、都内で第38回通常総会を開き2019年度事業報告や20年度事業計画などの全議案を可決承認した。また、パルシステム共済生協連も第13回通常総会を同時開催し、予定していた議案を全て可決承認した。今回は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、代議員の書面提出とした。

パルシステム

2018年度のパルシステム会員生協(13生協)は、組合員総数162万6000人。受注金額は2127億7700万円(前年比102.2%、予算日99.9%)、利用人数は前年比102.1%で1人当たり受注金額は同100.1%、同受注点数は同98.5%だった。

連合会単体の供給高は、新型コロナウイルス感染拡大の影響による大幅な利用増加もあり、1616億4300万円(前年比103.0%、予算比99.1%)となった。新規組合員加入実績は、19万2355 件(予算比98.6%、前年比97.9%)で、5月の大型連休や台風と長雨の悪天候、人員不足などが影響し予算・前年比ともに下回った。

また、「『たべる』『つくる』『ささえあう』ともにいきる地域づくり」をテーマとする「パルシステム2030 ビジョン」も決定した。

20年度計画は2030ビジョンを踏まえ、基調方針に「あらゆる人とのパートナーシップの下、自らの共感と選択による事業と運動への参加・参画を呼び掛けることで、2030ビジョンの実現への足掛かりとなる年としていきます。」を掲げる。

組合員の暮らしに貢献するためにも、新型コロナウイルス感染拡大の影響を乗り越え、持続可能な供給体制を整える。さらに、これまで取り組んできた持続可能な社会作りがSDGs(持続可能な開発目標)と変わらぬ視点であることを再認識し、中長期的に事業と運動を推進していくための事業変革に挑戦していく。

グループ総合力を生かし、地域の暮らしや文化の継承など多様な価値を追求した持続可能な資源循環・環境保全型農林水産業の発展を目指す。

環境影響を低減するため、エシカル消費の視点に立った食品ロスやプラスチックの削減、再生可能エネルギーの推進と地球温暖化対策に取り組む。パルシステムの選択と実践で社会をリードできるよう、事業と運動を推進していく。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る