JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
ベリマークSC:FMC(SP)センター

キャンプ用の無洗米「ななつぼし」発売2020年6月26日

一覧へ

北海道夕張郡の(有)賀集農産は、冷めてもおいしい品種「ななつぼし」を使ったキャンプ米「賀集 野営米」の販売をオンラインショップで始めた。

キャンプ用の無洗米「ななつぼし」発売

賀集 野営米賀集 野営米

新型コロナウイルスの感染拡大の影響による外出自粛が続き、「ベランピング」や「庭キャン」など、新しい外遊びの楽しみに気づいた人は少なくない。「賀集 野営米」は、キャンプ好きの米農家が、たくさんの人に「外ごはん」をもっと楽しんでもらおうと、キャンプ米として商品化した。同社は「飯盒や鍋などさまざまな炊飯道具で炊いてみたり、子どもと一緒に水の量を計ったり、おこげがついた炊き上がりを楽しみながらなど、外ごはんを楽しむきっかけになれば」とコメント。現在は「ななつぼし」のみだが、秋には他の品種の販売も予定している。

「賀集 野営米」は、キャンプ飯に合う品種として、冷めてもおいしい「ななつぼし」(北海道夕張郡由仁町産)を採用。夜はカレー、翌朝はおにぎりなどキャンプに最適な品種。二合の米が入ったコンパクトなパックは持ち運びに便利で、鮮度の良い米を手軽に楽しめる。また、キャンプ場の排水は、自然界にそのまま流していることが多いため、研ぎ汁を流さない無洗米にした。300g入りで360円(税別)。

◎賀集農産の米づくり
(1)低タンパクを実現
幾度もの川の氾濫で砂地になり、肥料分が早く切れ、稲が早く色づき、米のタンパク質も下がり、おいしい米ができる。
(2)二段階乾燥で品質安定
収穫した米は、遠赤外線の乾燥機で二回乾燥。それにより水分量のばらつきが少なくなり品質が安定。
(3)多品種栽培
消費者の要望に応えるために多品種栽培に取り組んでいる。

【「賀集 野営米」オンラインショップ】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る