左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新型コロナ対策を強化し 「YEBISUマルシェ」再開2020年6月29日

一覧へ

マルシェを中心としたコミュニティ空間を創造するNKB farm事務局は7月5日、新型コロナウイルスの影響で中止していた「YEBISUマルシェ」を、感染対策を強化して再開する。

YEBISUマルシェ

YEBISUマルシェはオーガニック&ナチュラルをコンセプトに体と環境にやさしい食品などを海外のような雰囲気の中で買い物できるマルシェ。恵比寿ガーデンプレイス内ひろば(東京都渋谷区)で毎週日曜日の午前11時~午後5時に開催していたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、3月1日から中止している。

再開にあたり、出店者と運営スタッフに対して出発前と受付時の計2回、検温を義務付けるとともに、受付時に直近2週間の体調や生活環境を回答してもらう。37.5度以上の熱があったり、せき、のどの痛みといった風邪の症状やだるさ、息苦しさ、嗅覚・味覚の異常などが出ていたり、新型コロナウイルス感染症で陽性とされた人との濃厚接触者らは参加できない。マスクや接客時の使い捨て手袋の着用、こまめな手洗い、手指の消毒なども求める。

また、出店者には店舗への消毒液の用意、商品・備品の消毒などを義務付けるほか、その場での飲食行為(熱中症対策の水分・塩分補給は除く)を禁止。商品を吟味する際は、使い捨ての手袋を渡し、釣銭トレーを活用してお金の直接の手渡しも控え、各出店者間の距離を最低約1.8メートル確保し、販売員は2人までとする。

7月5日以降は、これまで通り毎週日曜日午前11時~午後5時にシャトー広場で開催の予定。

YEBISUマルシェには、これまで人気を集めてきた米・青果、加工品、パン・お菓子・ドライフルーツ、お茶・紅茶・珈琲、雑貨などの出店を予定。

【YEBISUマルシェ】

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る