Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

withコロナ時代の新たな挑戦 「オンライン搾油」で旬のオリーブオイル発売 井上誠耕園2020年7月7日

一覧へ

香川県・小豆島でオリーブと柑橘の農園を営む井上誠耕園は7月1日、旬のオリーブとレモンを一緒に味わえる「新鮮檸檬オリーブオイル」を夏季90日間限定で発売した。南オーストラリアの提携農家と作るこの時期恒例のオリーブオイル。今年は新型コロナウイルスの影響で現地へ渡航できなかったが、オンライン上のやり取りだけで販売を実現した。

新鮮檸檬オリーブオイル新鮮檸檬オリーブオイル

北半球のオリーブ収穫期は秋から冬であるため、夏の間は搾りたてのオリーブオイルを味わうことができないが、同社はできるだけ長い間新鮮なオリーブオイルを味わえるよう、日本と季節が真逆のオーストラリアの農家と提携し、毎年夏に旬の「新鮮檸檬オリーブオイル」を届けている。

今年は新型コロナウイルスの影響で、渡航できず現地で栽培状況の確認などが出来ないことから発売が危ぶまれた。しかし、「この未曾有の事態にこそ、農業で国同士を励ましたい、国境を越えた強い絆で農業の可能性を共に追求したい」との想いで現地の提携農家とテレビ会議での打合せや、空輸での物のやり取りにより、発売にこぎつけた。

5月11日には、提携農家とオンラインで畑を案内してもらいながら果実の様子をチェック。レモンの熟度は新鮮檸檬オリーブオイルを搾るにあたって重要なポイントであることから、テレビ会議で最適な熟度を見定めた。続く、5月13日早朝から最初の試飲のための搾油を実施。果実の比率やコールドプレスで搾る際の温度管理、レモンの香りをオリーブオイルに移す時間の調整など全てオンラインで指示し、数種類の試飲サンプルを搾った。

届いた試飲用オイルは、「少し青いレモンの香りが鼻に抜ける。オリーブもさわやかな味わい」の納得できる商品に仕上がった。同社は「発売から今年で7年目。これまで積み重ねてきた信頼関係により発売にこぎつけることができた」としている。

「新鮮檸檬オリーブオイル」は、レモンとオリーブを搾ったそのままのフレーバーオイル。食材にかけるだけでレモンがさわやかに香るオリーブオイルで、夏の食卓におすすめだ。 117g/1674 円、273g/3240 円、117g(箱無)/1620円。いずれも税込。

【井上誠耕園直営ショップ】


オンライン搾油の様子オンライン搾油の様子

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る