Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:プリンスベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

食材を魅力的に見せるLED照明を発売 パナソニック2020年7月8日

一覧へ

パナソニック(株)ライフソリューションズ社は、食材を魅力的に見せる食品スーパー向けLED照明「彩光色」と「専用光色」の計92品番を、8月1日から発売する。同社独自の光のスペクトル制御技術を駆使し、さまざまな食材を自然な光で魅力的に見せる「彩光色」を小型・軽量化するとともに、青果・鮮魚・精肉などの生鮮食品をそれぞれ適した光で、新鮮、かつおいしそうに見せる生鮮「専用光色」を新たに加えた。

専用光色スポットライト専用光色スポットライト

近年食品スーパーでは、生鮮食品や総菜・即食需要への対応など魅力的な売り場作りを強化する店舗が増えている。店舗空間もナチュラルで開放的なものが好まれ、スポットライトだけでライティングされる事例も多くなっている。

同社は、2012年に独自の光のスペクトル制御技術を駆使した食品スーパー向け「彩光色」を発売。「彩光色」は、波長580nm前後の光の成分を調整し、黄ばみを抑え赤色成分のピーク波長を長波長側にシフトさせることで、生鮮食料品の持つ色味をより鮮やかに際立たせる。

今回は現場ニーズに応え、「彩光色」を業界最高水準の96.9lm/Wとして約半分に小型化・軽量化し、器具デザインもナチュラルで優しい印象にした。また、「彩光色」で培ったスペクトル制御技術をさらに応用し、青果・鮮魚・精肉など専門食材売り場に特化した生鮮食品用「専用光色」を新たにそろえた。

器具タイプは、スポットライト・ユニバーサルダウンライト。税別希望小売価格は、1万9800~4万500円。タイプは、「彩光色」が彩光色3500K、彩光色2700K、高演色2700K。「専用光色」がV、F、M。

【パナソニック彩光色:生鮮食品用】

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る