Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:シグナム
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

驚きの相性「柿と紅茶のジャム」新発売 井上誠耕園2020年7月28日

一覧へ

小豆島にあるオリーブと柑橘の農園、井上誠耕園は7月27日、異なる食材を組み合わせた驚きのおいしさを追求するジャムの「マリアージュシリーズ」第1弾として、「柿と紅茶のジャム」を発売した。

驚きの相性「柿と紅茶のジャム」新発売

柿と紅茶のジャム柿と紅茶のジャム

井上誠耕園は、樹齢40年を超える柿の木を、地元の柿農家から、2年前に譲り受けて育てている。品種は「松本早生」と呼ばれる富有柿で、ジューシーな甘さが特長。南向きの畑で育つ柿を、「日向(ひなた)柿」と名付け、毎年青果として販売している。その中でも、青果として販売できない柿を美味しく加工するため1年以上かけて商品開発に取り組み、柿と紅茶を合わせた新しいジャムを作った。

「柿と紅茶のジャム」は、日向柿がごろっと贅沢に入った上品な大人の味わい。熟した「日向柿」のおいしさを味わえるよう、甘さを控え、素朴な柿の味わいにぴったりな紅茶を厳選し、茶葉と一緒に炊き上げ、柿の食感と紅茶のハーモニーが楽しめるジャムに仕上がった。

朝食のトーストや、夜の食後のデザートにもおすすめ。

マリアージュシリーズ「柿と紅茶のジャム」は120gで928円(税込)。

【井上誠耕園直営ショップ】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る