Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

テクノロジーで地域を幸せに 岡山県西粟倉村を実証事業の場に2020年7月29日

一覧へ

岡山県の西粟倉村と複数企業が共同で7月1日、「一般財団法人西粟倉むらまるごと研究所」を同村内に設立した。西粟倉村が掲げる「生きるを楽しむ」を持続可能にするため、「最新テクノロジーは地域や人を幸せにできるのか」を命題に、西粟倉村をまるごと検証フィールドとして、企業や研究機関と新技術の研究開発および地元と連携した実証事業を行なう。

テクノロジーで地域を幸せに 岡山県西粟倉村を実証事業の場に同研究所は、(1)テクドロジー(テクノロジー×泥くささ)の発明(2)生態系の本領発揮(3)「生きるを楽しむ」をつなぐ、の3つを使命に掲げて活動する。役割としては、(1)地域資源の調査、整理、分析、課題抽出及びそれらのオープンデータ化の実施(2)新しい研究活動の創出を目的とした、研究者と地域資源や地域企業等とのマッチング支援(3)安定した研究基盤の構築を目的とした、生活・研究環境の整備及び人的ネットワークの構築(4)研究活動が持続するための資金や人材の獲得、の4項目の役割を果たしていく。

今年度の取り組みとして、「多種多様な村内データのオープンデータ化」「テクノロジーの力で草刈りをゲームにし関係人口を増やす」「子供・高齢者も自由な移動を。『地産地消モビリティ』の開発」を掲げている。

また、その他に道、住宅、エネルギー、ゴミ、福祉、発酵など、村内の新しい課題や共同研究を行なう企業をマッチングするごとに新しくプロジェクトチームを組み、分野を横断したここでしかできない研究を進めていく。

今後は、本年度中に、旧JAの建物をコワーク、研修施設として改修し開所予定。定期的にオンラインイベントやアイデアハッカソン等の開催を予定している。

問い合わせは、西粟倉むらまるごと研究所(電話)090-4109-6500。


◆協力企業
アジア航測株式会社 岡山営業所 /株式会社大林組 / システム・リサーチ株式会社 /株式会社ジツタ / 株式会社ジツタ中国/ 株式会社スタジオ・ゲンクマガイ / 精密林業計測株式会社 /株式会社New Stories / 一般社団法人Nest / 株式会社百森 /三井住友信託銀行株式会社 / ようび

【一般財団法人 西粟倉むらまるごと研究所:公式Facebookページ 】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る