Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

調理向けワインシリーズ新たに2種類 業務用にキッコーマン 8月から2020年7月31日

一覧へ

キッコーマン食品(株)は8月20日から、新しい業務向け調理用果実酒シリーズを発売する。「マンズ・煮切りタイプワイン(調理用)」シリーズと、「マンズ・超濃縮ワインタイプ( 調理用)」シリーズの2種類。

「マンズ・煮切りタイプ赤ワイン(調理用)」シリーズ

「マンズ・煮切りタイプ赤ワイン(調理用)」シリーズは、キッコーマングループのマンズワインの独自製法によるもの。ワインをアルコールが2%程度になるまで煮切って濃縮した調理用ワインで、風味をそのまま生かしているのが特徴だ。

調理時の煮切り時間と手間の削減を可能とするのが売りで、煮切りの際の火加減や加熱時間の差によって味にブレが出るのを抑えることができるという。一般的調理用ワインと比べ調理に使用する量が3分の1で済む点もうれしく、コストも削減できる。

煮込み料理や菓子類の調理などでの使用を推奨しており、「マンズ・煮切りタイプ赤ワイン(調理用)」は、ビーフシチューやミートソースなどに、「マンズ・煮切りタイプ白ワイン(調理用)」は、クリームシチューやりんごのコンポートなどの調理時に使うと、簡単・手軽に仕上げられるとしている。

一方、「マンズ・超濃縮ワインタイプ(調理用)」シリーズは、ワインをアルコール1%未満まで濃縮する同社グループ独自の製法で作られたワインタイプの調味料。煮切りタイプワインと同様、調理時の煮切り時間や手間の削減とともに、煮切りの際の火加減や加熱時間の差による味のブレを抑えることができる。使用量は一般的ワインの5分の1で済み、こちらもコスト削減が可能になる。

赤ワインタイプはハンバーグや欧風カレーなどに、白ワインタイプはマリネやアクアパッツァに向いているという。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る