想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

豪雨で故障した農機を海外で蘇生 (株)MEトレーディング2020年7月31日

一覧へ

国内最大級の農機具貿易商社である(株)MEトレーディング(鳥取県鳥取市、小林泰士代表取締役)は7月30日、今年7月の豪雨で故障した農機を買い取り再使用可能なレベルまでメンテナンスし、海外の農作業現場で蘇らせるプロジェクトを8月からスタートさせると発表した。

買い取りの対象は、トラクター、コンバイン、田植機など。その他の機械は買取申し込み時に現物を確認しながら査定する。

今年7月の豪雨災害で甚大な被害を被った生産農家が少なくなく、土砂や浸水の影響でエンジンがかからなくなって、作業に使えず困惑している被災農家が多いのが実態だ。

同社の親会社である(株)マーケットエンタープライズが中古農機の買い取りビジネスを行っているが、浸水被害を受けた農機の多くが引火や火災の恐れがあるため買い取りニーズになかなか応えられないでいた。公的助成金を使って農機の買い替えを行った場合でも、買い取られた被災農機を国内で再流通させる環境にはない。

今年4月に(株)マーケットエンタープライズのグループ会社として設立されたのが同社で、地場で農機具の買い取りや海外輸出を行っていた(株)旺方トレーディングから譲り受けた事業をもとに立ち上げるプロジェクトが今回の取り組みだ。

買い取りの申し込みは、ウェブサイト「農機具高く売れるドットコム」か、フリーダイヤル・0120-559-587(9:15~21:00)へ。電話の場合、新型コロナウイルスの影響で時間の変更があり得るため要注意。

【農機具高く売れるドットコム】

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る