想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

食品ロス削減への関心高まる (株)Day1のメディア会員7万人を突破2020年7月31日

一覧へ

「食品ロス削減」をテーマに規格外品の無料提供を行うウェブメディア「フリフル」の会員が7万人を突破ーー同メディアを運用する(株)Day1(東京都台東区、坂口龍也社長)が7月29日に公表したもので、坂口社長は、新型コロナウイルの影響がうかがえると推察している。

「フリフル」の会員が7万人を突破

無料で農家直送のフルーツを届けるWebサイト・「フリフル」。形や色が悪かったりして市場に出荷できずに廃棄している「規格外品」をプレゼントする仕組みを構築したものだ。

同社独自の方針として、会員ではなく「サポーター」という形の登録形態が採られており、このサポーター登録数がこのほど7万人を超えたもの。「サポーター」の言葉には農家を追応援するという意味が込められている。

坂口社長は「新型コロナウイルスの影響で生活様式が変わったのに伴い、食品ロスに対する人々の意識にも変化が表れているのではないか」とコメント。

会員(サポーター)拡大を機に、同社では新たない2つの事業をスタート。行き場を失った食材を加工食品としてストックして多くのユーザーにプレゼントすることと、食品ロスに関心の高い会員7万人に対するアンケートの実施に踏み切ることとした。

農家直送の規格外品が無料でもらえる:フリフル】

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る