Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

山梨県を徹底調査 新刊「これでいいのか山梨県」が発売2020年8月4日

一覧へ

統計やデータにより地域を分析するご当地本、地域批評シリーズの新刊「地域批評シリーズ49 これでいいのか山梨県」(マイクロマガジン社刊、980円・税別)が発売された。

「地域批評シリーズ49 これでいいのか山梨県」「地域批評シリーズ49 これでいいのか山梨県」

同書は、歴史、県民性、山梨県の各地を徹底取材&データ検証し、山梨県と山梨県民の姿を浮き彫りにした。

山梨県は交通の要衝でありながら、山に囲まれた閉鎖空間という、相反する面を持ち合わせるなどその複雑さは歴史にもあらわれている。平安時代から活躍する武田氏や、江戸時代から経済界を牛耳ってきた甲州財閥の内紛は絶えないが、一度チャンスとみるや一致団結する。現代の山梨県でもその強い団結力は発揮され、富士山の世界文化遺産登録も成し遂げた。

一方で問題も多く、県都・甲府を筆頭に山梨の中心だった国中地方には衰退の波が押し寄せ、観光に依存する郡内地方には、観光公害とアップダウンの激しさが大きな問題となっている。こうした山梨県にいま一体何が起きているのかその真実と県民の実態に迫っている。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る