想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

日本各地の生産者を応援 第1弾は北海道十勝の「あすなろ牛乳」2020年8月5日

一覧へ

日本航空と(株)もへじ、(株)JALUXは、日本各地の生産者を応援する取組みの第1弾として北海道十勝地方のこだわりの牛乳を8月2日から、カルディコーヒーファームの首都圏一部店舗で「できたて直行便」として販売している。

「あすなろファーミング」「あすなろファーミング」

3社は、特殊保冷資材を用いたスピーディな航空チルド輸送と首都圏での物流網、素材や製法にこだわった食品企画やマーケティングノウハウなど、各社の強みを連携して、日本各地の生産者を応援する素材の発掘やオリジナル商品の企画・開発を進めている。

取り組みの第1弾では、十勝のあすなろファーミングの「あすなろ牛乳」を販売。安全で高品質な商品を作りたてのうちに、蓄冷材による低温設定と確実な荷扱いなどJALの高い輸送技術により、とかち帯広空港から約850キロ離れた羽田空港までの区間を空輸する。約100分という短時間でつなぎ、より新鮮でよりおいしく味わえる牛乳を届ける。

今後、あすなろ牛乳以外にもチーズやバターをはじめ、製品を活用したスイーツや菓子など、オリジナル商品の展開を予定。また、対象となる地域を拡大し、日本全国の生産者を応援する取り組みを展開していく。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る