Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「RE100」へ参加 2050年度の再エネ100%化へ味の素グループ2020年8月7日

一覧へ

味の素グループ(味の素株式会社、東京都中央区、西井孝明社長)が環境イニシアチブ「RE100」への参加を表明した。これにより、2050年度に再生エネルギー100%化する目標を新たに設定するとしている。

RE100ロゴ同グループが2020~2025年度の中期経営計画で掲げた地球・環境との共生に向けた取り組み目標では、2030年度の温室効果ガス排出量を2018年度と比べて50%削減するとしている。

情報技術や自動車製造など多様な分野に属するグローバル企業が参加するイニシアチブ「RE100」はさらにその先を見据え、2050年度までに企業が自らの事業で使用する電力のすべてを、太陽光や風力、水力、バイオマス、地熱などの再生可能エネルギーに転換する目標を掲げている。

同グループが「RE100」への参加を表明したことにより、これまでよりさらに上を行く目標を掲げることを求められることになるが、世界中にある各事業拠点における再エネ調達を加速させ、CO2排出削減を含む様々な環境対応策に取り組みながらサステナブルな社会の実現に貢献したいとコメントしている。


【味の素グループ】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る