想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

味で評判 西粟倉村の新米 新パッケージで販売開始2020年9月7日

一覧へ

岡山県西粟倉村で収穫された「あわくら源流米」と「おおがや米」の令和2年産新米が新パッケージで販売を始めた。地元からも、味がいいと評判の西粟倉産「あきたこまち」と「コシヒカリ」を同時に出荷する。

令和2年産新米「あわくら源流米」と「おおがや米」令和2年産新米「あわくら源流米」と「おおがや米」

西粟倉村は兵庫、鳥取と県境を接する森に囲まれた人口1400人ほどの村。中国山地に位置し、93%が山林に覆われ、岡山県の三大河川のひとつである吉井川の源流域の自然の中にある。標高が高く昼夜の温度差が激しい上、冬には豪雪地帯といえるほど雪が降るなど、稲作に最適な環境で育つ西粟倉の米は、粘りと甘みが特徴だ。

西粟倉は平地が少なく、斜面に棚田を作っているため、平地の稲作より手間がかかることもあるが、西粟倉の農家が景観を守りながら、米作りを続けている。また、米のおいしさを総合的に評価する食味値は、65点前後が標準、70点以上になると良質米だと言われるが、生産者グループの「あわくら米米倶楽部」は、食味値80点以上という厳しい基準を設定して米作りに励んでいる。

西粟倉の米生産者西粟倉の米生産者

西粟倉産「あきたこまち」は、ツヤ・香り・粘り・旨味・甘味のバランスがよくあっさりと食べられるのが特徴。ほどよくお米と素材の美味しさを調和し、幅広いおかずに合うお米。弁当やおにぎりなどに冷めてもおいしい。また、同「コシヒカリ」は、強い旨みと粘りに加えて、香り・ツヤ・柔らかさ・歯ごたえのバランスが絶妙。お米の味わいが深く、濃い味付けの料理との愛称もよい。

いずれも玄米と白米を各5キロから選べる。各種ふるさと納税ポータルサイトからも注文できる。

【楽天ふるさと納税】

【ふるさとチョイス】

【ふるなび】

【さとふる】

【ふるさとプレミアム】

【ANAのふるさと納税】

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る