想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

秋の味覚「鷹栖町」の新米 ふるさと納税の返礼品に登場2020年9月23日

一覧へ

北海道上川郡鷹栖町は、ふるさと納税の記念品として9月より新米の受付を始めた。楽天ふるさと納税やふるさとチョイスなどから申し込める。

秋の味覚「鷹栖町」の新米 ふるさと納税の返礼品に登場

鷹栖町は上川盆地の北部に位置し、ほぼ全域が盆地状の平地。昼夜の寒暖差が大きく、大雪山系の雪解け水にミネラルが豊富に含まれていることで、甘みの強い米をつくり出す。この甘みの強さが、鷹栖町産米の評価に繋がり、ふるさと納税のお礼品として、半年で1000件以上が申し込んだ人気の特産品となっている。

今年も新米の時期となり、ふるさと納税お礼品としてふるさとチョイス、楽天ふるさと納税の公式ホームページで申込を順次受け付けている。

今年から新たに返礼品の新米を提供する「たかすタロファーム」の平林悠さんは、大手製薬会社を退職し、夫妻で名古屋から鷹栖町に移住し、町内の農家のもと2年間の研修を終えて独立した新規就農者。現在は「自分の大切な子供に食べさせたい美味しくて安全なお米を皆様にお届けしたい」と、有機質肥料を中心に使い、農薬の使用を必要最低限に抑えた米作りに励んでいる。

今回ふるさと納税の返礼品として登場するのは、真空パックで加工された「ゆめぴりか」と「ふっくりんこ」の新米。ゆめぴりかは、程よい粘りと豊かな甘みが特徴で、平林さんはこの米との出会いから、サラリーマンを辞める決意をしたという。ふっくりんこは、粒が比較的大きく、ふっくら柔らかな食感が特徴で、国内線の機内食に採用された「プロ御用達のお米」として注目を集めている。

【ふるさとチョイス】

【楽天ふるさと納税】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る