想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

環境負荷低減へ動物性タンパク質に替わる「豆食」応援キャンペーンを実施 坂ノ途中2020年10月14日

一覧へ

環境負荷の小さい農業に取り組む生産者と提携し、野菜の宅配・販売事業を展開する(株)坂ノ途中は、豆の日の10月13日から、豆を原材料とする5商品の販売を開始。同時に「#豆を食べよう」というInstagramキャンペーンを実施する。

環境負荷低減へ動物性タンパク質に替わる「豆食」応援キャンペーンを実施 坂ノ途中

大粒納豆《海想う》大粒納豆《海想う》

「#豆を食べよう」Instagramキャンペーンでは、Instagramで坂ノ途中公式アカウントをフォローし、「#豆を食べよう」をつけて10月27日までに投稿すると抽選で3人に有機ひよこ豆500gとおからクッキー2種(プレーン、生姜)をプレゼント。同キャンペーンでは、プラントベースの食生活を応援することで、食の環境負荷低減に貢献する。

また、豆の日に合わせ、様々なシーンで豆を楽しめる4種類の新商品をラインアップ。「大粒納豆《海想う》」は、熊本・阿蘇山麓の大地の恵みをたっぷりと受けて育った大豆から、ひとつひとつ丁寧につくられた納豆。選りすぐりの大豆を湧き水に浸し、ふっくらと釜で炊き上げ、ゆっくり発酵させ、さらに氷温熟成により旨味を引き出している。そのほか、国産大豆を使った無添加の「おからくっきー」、有機ひよこ豆、有機緑レンズ豆も販売を開始する。

【坂ノ途中公式アカウント】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る